Emissions Testing

Motorcycle Emissions Test Service

All imported motorcycles, over 250cc, that were manufactured after the 1st April 2001 and not originally manufactured to
Japanese national standards, must pass an emissions test, before they can be registered in Japan. There are only three facilities
that are accredited to perform the test and issue the certificate. Two are in Tokyo and one is in Osaka. Apexmoto uses the JATA Fusa
facility for all testing. The approved test facility allows two chances to pass the test, so if the first test is failed, there is one more
opportunity to apply a modification and re-test.

The test itself involves measuring emissions from the motorcycle while the engine is under load. There are idle and running tests
where the motorcycle is subject to varying loads and speeds. A custom dyno/load cell is used during most tests, so pre-test testing
is best done on a dyno.

Apexmoto has put together the equipment necessary to perform a pre-test where we can gauge if the motorcycle needs modification
to pass the emissions test. To do this we use a Dynojet 250i dyno and two Horiba gas analyzers.

Not all bikes can pass the emissions test, even motorcycles that are the same spec as domestic models. The test is much stricter than
the Shaken emisisons test. In particular, bikes that have not had regular maintenance, are less likely to pass. European models are
typically harder to get passed than Japanese or US manufactured models. Apexmoto does not guarantee that any bike can pass. The test
program is proprietary and the test specs are not public. We test based on our knowledge and experience.

Emissions – Apexmoto Fees & Costs

  1. OPTION 1: Pre-Test & Emission Test at JATA     –    ¥80,000 ( excludes JATA Test Fee )
    1. Fill in specification paperwork for JATA
    2. Pre test the motorcycle and advise on any adjustments.
    3. If fuel controller or ECU manipulation software is available, adjust the fuel to achieve pass level
      emissions ( limited to 4hrs on the dyno ).
    4. Weigh the motorcycle to confirm specs ( the test can be negated if the stated weight and the measured weight
      are too different ).
    5. Take the motorcycle to the test facility for no more than two tests ( does not include test fees ).
  2. OPTION 2: No pre- test    –    ¥37,000
    ( includes paperwork and test booking & 1 test at JATA. If you are pretty sure your bike will pass as is. To take the motorcycle for
    2nd test at JATA would cost additional ¥18,000 )
  3. OPTION 3: Pickup & delivery to your premises in Tokyo, Yokosuka, Yokota, Atsugi and Yamanashi    –    ¥19,000
    ( or rent a van and drop off an pick up and no extra Apexmoto cost ).
  4. JATA test on motorcycle manufactured pre September 2013    –    Approximately ¥100,000
    ( either 3 or 4, never both )
  5. JATA test on motorcycle manufactured September 2013 or later    –    Approximately ¥150,000
    ( either 3 or 4, never both )

Emissions – Self Service Fees ( At Apexmoto ).

  1. OPTION 1:    On-site rental of Horiba HC/CO analyser    –    ¥25,000
    ( limited to 3 x 30 minute tests sessions over a 3hr period ).
  2. OPTION 2:    Option 1 plus 40 minutes dyno time for emissions    –    ¥40,000
    ( more useful if you have a PCV/PC III or Tuneboy or TuneECU to adjust fuel ).

Brake Certificate

All motorcycles over 250cc manufactured after 1st July 1999 must meet Japanese brake standards.
Imported motorcycles must be tested to Japanese standards in Japan, or a letter of certification ( brake certificate ) from the manufacturer
must be provided. Apexmoto can request a Brake Certificate for you or you can do yourself. Typically this is best done in Japan, but can be
done from anywhere.

Riding Before Registering – Temporary Tag

It is possible to get a temporary plate and ride the motorcycle to the test facility or to the facility
that will manage the test for you. For this to be legal, the bike must have Jibaiseki insurance and
a temporary plate. Temporary plates can be organised at your local City Hall.

Temporary Plate Vehicle Classifications

  1. Normal passenger car (futsu jidosha)
  2. Lightweight “kei” car (kei jidosha)
  3. Large motorcycle (ogata nirin)
  4. Large truck (ogata torakku)
  5. Tractor trailer, etc… (ken-insha)

Jibaiseki Insurance

All registered and unregistered ( temporary plate ) vehicles driven on the roads in Japan, are required
to have valid Jibaiseki insurance. Apexmoto sells Jibaiseki insurance and staff are licensed to do so.
Please contact sales@apexmoto.jp with your inquiries.

Tuners

If a Power Commander or tuner needs to be installed, there is an extra installation fee. The fee depends on
the device selected.

Disclaimers

Not all bikes can pass the Japanese emissions test. A motorcycle that was not maintained or that has any type
of fault, failure or excessive wear, may not pass. Apexmoto does not guarantee a motorcycle can pass.
Apexmoto is not responsible for any mechanical failures that occur during testing or the test at JATA. The tests
are hard on the motorcycles, but a well maintained motorcycle will pass without failing.
Apexmoto is not responsible for small scratches or cracked or damaged plastics, that may fail due to age or
use, when being removed.

 

Diavel  ZX6R  Yuu

バイク排出テストサービス

2001年4月1日以降に製造され、日本の国家基準に適合していない250cc以上の輸入されたバイクは、日本に登録する前に排出テストに合格しなければなりません。このテストを実施し、証明書を発行できる認定を受けた施設は3つ。2つは東京で、もう1つは大阪に位置します。 Apexmotoは、すべてのテストにJATA Fusa設備を使用します。承認されたテスト施設では、テストを受ける機会が2回あるため、最初のテストが失敗した場合でも、再テストの機会がもう1回あります。

テスト自体は、エンジンが負荷をかけている間にバイクからの排出量を測定することを含まれます。バイクにはさまざまな負荷と速度がかかるアイドリングおよびランニングテストがあります。 ほとんどのテストでカスタムのダイノ/ loadセルが使用されるため、予備テストはダイノで行うのが最適です。

Apexmotoではバイクが排出試験に合格するために、改造が必要かどうかを判断できるプレテストのための、必要な機材をまとめました。 これには、ダイノジェット250i ダイノと2つのHORIBA排ガス分析計を使用します。

すべてのバイクが排出ガス試験に合格できるとは限りません。国内モデルと同じスペックのバイクですら、合格できないことがあります。このテストは、車検のテストより遥かに厳しいものです。特に、定期的なメンテナンスを受けていないバイクは、通過しにくくなります。またヨーロッパのモデルは、日本や米国の製造モデルよりも一般的に難しくなっています。 Apexmotoはバイクがテストに受けることを保証はしていません。また、テストプログラムは独自仕様であり、テスト仕様は公開されていません。 私たちは、私たちの知識と経験に基づいてテストを行います。

排出量 – Apexmotoの料金と費用

  1. オプション1:JATAでの予備テスト&排出テスト – ¥80,000(JATAテスト費用は除く)
    1. JATAの仕様書を記入してください。
    2. バイクの予備テストを受けて頂き、アドバイスを致します。
    3. 燃料コントローラまたはECU操作ソフトウェアが利用可能な場合は、合格レベルの排出を達成するように、燃料を調整します(ダイノでは4時間に制限されます)。
    4. 仕様を確認するためにバイクの重さを計ります。(記載された重量と測定された重量があまりにも異なる場合、テストは無効になります)
    5. 2回以上はテスト施設にバイクを入れることはできません(テスト費用は含まれていません)
  2. オプション2:予備テストなし – ¥37,000
    書類作成とテストの予約、そしてJATAのテストが含まれています。JATAで2回目のテストを受けるためには18,000円追加してください)
  3. オプション3:バイクのピックアップと配送(東京、横須賀、横田、厚木、山梨内の目的地) – ¥19,000
    (バンを借りて、ピックアップを降ろし、余分なアペックスモートコストはかかりません)。
  4. 2013年9月以前に製造されたバイクのJATAテスト – 約100,000円
    (3または4のいずれか、またはどちらでもないか)
  5. 2013年9月以降に製造されるオートバイのJATAテスト – 約150,000円
    (3または4のいずれか、どちらも決して)

排出量 – セルフサービス料金(Apexmoto)

  1. オプション1:HORIBA HC / COアナライザの現地レンタル – ¥25,000(3時間30分のテストセッションに限られます)。
  2. オプション2:オプション1 + – ¥40,000
    (燃料を調整するPCV / PC III、TuneboyまたはTuneECUをお持ちでしたら、より便利です)。

ブレーキ証明書

1999年7月1日以降に製造された250cc以上のバイクはすべて、日本のブレーキ基準を満たす必要があります。輸入されたバイクは、日本の基準に適合しているか、製造業者からの証明書(ブレーキ証明書)を提出する必要があります。Apexmotoはブレーキ証明書を代理で手配することができ、もちろんご自身で手配を行うこともできます。通常、これは日本で最もよく行われますが、どこからでも行うことができます。

登録前に乗る – 仮ナンバー

仮ナンバーを手に入れて、バイクをテスト施設またはテストを管理する施設に乗車することは可能です。法律によると、バイクには自賠責保険と仮ナンバーが必要です。仮ナンバーは市役所にて申請することができます。

仮ナンバーの車種

  1. 普通の乗用車(普通自動車)
  2. 軽量の軽自動車(軽自動車)
  3. 大型バイク(大型二輪)
  4. 大型トラック(大型トラック)
  5. トラクター、トレーラーなど(牽引車)

自賠責保険

日本の道路で運転する場合、すべての登録車と未登録車は、有効な自賠責保険が必要です。 Apexmotoは自賠責保険を販売しており、スタッフには販売のための資格が与えられています。お問い合わせはsales@apexmoto.jpまでお願い致します。

チューナー

パワー・コマンダーまたはチューナーを取り付ける必要がある場合は、追加料金が必要です。料金は、選択したデバイスによって異なります。

免責事項

すべてのバイクが日本の排出ガステストに合格するわけではありません。 メンテナンスされていないか、または何らかの故障、過剰摩耗を有するバイクは、テストに合格しない可能性があります。 Apexmotoは、バイクがテストに合格することを保証はしておりません。
Apexmotoは、テスト中またはJATAでのテスト中に発生した機械的な障害について、一切責任を負いません。 テストはバイクでは難しいですが、よくメンテナンスされたバイクは失敗なく合格することができます。Apexmotoはバイクを動かす際にできた、老朽化による小さなスクラッチ、割れ目、また破損したプラスチックに対して、責任は取りません。

 

Diavel  ZX6R  Yuu

Back to top